ナディアの資産運用Diary

ーセルフベーシックインカムを築き上げ経済的自立を目指すブログー

読書「エッセンシャル思考」を読んだ

シェアする

f:id:nadiano:20180317113245j:plain

春から仕事を始めるのですが、複数のことを同時にやっていくことになります。

去年色々やりすぎて疲弊してた時期があって、現在多少身軽にはなったのですが、マルチタスクの弊害っていうのは感じてました。

《過去記事はこちら》

www.ecofree-mom.com

 物事には最高のパフォーマンスを出せるバランスってあるなと。

そんな中、先日Twitterのタイムラインでよく見かけていた「エッセンシャル思考」という本を読んでみたらとても良い本だったのでシェアしたいと思います。 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

人生はトレードオフ

f:id:nadiano:20180317113248j:plain

何かを得ようと思ったら何かを失う。

全てを手に入れることはできない。

どの問題が一番重要かを考える。

完璧な答え、全てを手に入れられる答えはないってこと。

これが意外と分かってなかったなと。

何かを得るためには何かを切り捨てなくてはいけないんだって理解してると、覚悟ができてもっと選びやすくなる。

 

ここは自分と考えが違うなと思ったこと

f:id:nadiano:20180317113238j:plain

エッセンシャル思考の人は、始まる前にかなり熟考して、決意してから本質的なことを始める、と言うのが出てくるんですが、自分はここはちょっと違うなと思いました。

頭で考えてることと、実際にやってみてわかることって結構差があったりするので、やらなきゃ見えてこないことがほとんどだと思うんですよね。

熟考してるだけで決断できないことが、ちょっとずつやってみて様子を見ると、もっと選びやすくなったりするものです。

案ずるより産むがやすしといいますか。

切り捨てたものに関しても、少しは行動していないと納得できなかったりする。

 

なので自分はこれから思いつくことは色々と試したいと思ってます。

色々アイデアがある中で「突き抜けられるものを探すため」に、前の段階っていうのが必要で、いくつか集中力を保ちながら並行できることを試しつつ手ごたえのありそうなものを残していきたいと思っています。

 

ここで小さく始めるというキーワードが出てくるんですが、まさにこれですね。

小さく気軽に始めて改良を重ねていく、という感じです。

種をたくさん蒔いて、芽が出たものを育てる。

ただ同時にやってクオリティが下がるのであれば、一時的に集中することも必要になってくると思います。

 

やろうと確信に変わったこと 

プライベートな予定は月2回まで

私は実感として子供の予定以外でプライベートな予定、「友達と遊ぶ」とか「ママ友とランチ」とか、がたくさん入ってくると心理的にも負担に感じるんですよね。

一応複数のコミュニティで最低限の付き合いはしてますが、今の自分は女子会とかをそんな必要としていません。

今は仕事のことと、ブログ運営とか投資のこととか、そんなことばっかり考えてるので、人と気軽にシェアできないことの方が多いわけなんですよ。

今自分が大事に考えてることをシェアできる人とは会いたいと思いますけど。

自分にとって大事ではない話に同調しなくてはいけない時間が無駄に感じるんです。

なので今の自分にとって、無駄と思う関係は思い切って断る。

予定を入れるとしても月2回が自分のキャパかなと。

それ以上入れると心理的に負担になるので違う月に回す、と最初から決めてしまうと断りやすくなると思いました。

 

他人の人生を生きない

f:id:nadiano:20180317113241j:plain

自分の人生の決定権を誰にも渡すなってこと。

自分の人生を自分で決めないと、誰かの人生を歩むことになる。

自分は子供の頃から親の顔色見て自分より親を優先したりしてしまってたので、無意識のうちに自分で決めるっていうことが意外と苦手だったりする。

でもそれじゃダメなんだということがこの歳になってよく分かりました。

 

本当に納得した人生を歩むためには、自分を裏切ってはいけないんです。

自分に嘘をついてまで他人を優先したらいけない。

それじゃ幸せになれないってことですね。

正直に生きるためには誰かを結果的に裏切らないといけない時がでてくるっていうことです。

自由を得たかったら、人に嫌われる勇気を持たないといけないっていうのはアドラー心理学でも言ってますね。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

ノイズをシャットダウンする

親、友人、インターネット上の誰かが言うアドバイスに振り回されない。

自分を裏切ってる以上、いつまでもそれは自分を追いかけてくる。

 

過去と未来を切り捨てて、今やるべきことに集中する

今に集中しないと良いパフォーマンスを出せないってことですね。

私もこれは耳が痛くて、これから自分は大丈夫なのか、とかあの時なんでああしてしまったんだろう、とか過去と未来に心が飛び回ってしまうことがよくあります。 

でも今できることに集中することでしか、未来は切り開けないからな。

目の前の具体的な課題にフォーカスする、これは意識していこうと思います。

 

 まとめ

考え方としてはけっこう断捨離に似ていると思いました。

情報やものが多すぎることによる弊害。

本当に大切にすべきもの、愛するものに囲まれてシンプルに生きる。

エネルギーを注ぐべきものに注いで、最高のパフォーマンスを上げる。

 

こういう考え方って、スティーブ・ジョブズも言ってたし、ホリエモンも言ってたな。

人生は有限だから、他人の人生を生きてる暇はないね。

 

他にも色々いいことが書いていましたがこのへんで。

私もまた時々読み返して行きたいと思います。

興味ある方はご一読してみてくださいね♫

 

それでは(о´∀`о)

 

ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ