米国株とソーシャルレンディングで目指せ配当金生活

30代主婦が色々あって経済的自立を目指しています。目標は月15万円の配当金を得ることです。主な投資先は米国株とソーシャルレンディングです。

米国株をやってる人が使ってる証券会社第一位は!富裕層は米国の証券会社を使っている!?

シェアする

Twitterで投票をやってみた

f:id:nadiano:20171006105752j:plain

こんにちわ。Nadiaです。

先日Twitterで投票をさせていただきました。

「米国株をやっている方に質問です。主に使っている証券会社はどこですか?」

というもの。

というのもですね、その時自分のポートフォリオを憧れの円グラフにしたく、夜中にガサガサやってたんですよ。

f:id:nadiano:20171005143423j:plain

Nadiaは昔からapple信者でMacを使ってまして、エクセルは入れてないのでオンラインのやつしか使えないんです。

なのであのグラフがエクセル以外でどうやって作るんだろうと調べてたら、なんと楽天証券では円グラフがあるとのこと!

 

ナニー!SBI証券にはないのか!

 

・・・ないらしい!残念!!

 

そんなわけでポートフォリオグラフ メーカー ~ 投資信託のガイド|ファンドの海というサイトで、 MoneyForwardに出てる金額をぽちぽち入力して作ってたわけですよ。

 

め、めんどくさいぜ・・・(いや、めっちゃ便利なんですよ!!作ってくださった方ありがとうございます。←私がズボラすぎてごめんなさい( ̄ー ̄;

f:id:nadiano:20171005151722j:plain

 

こんな便利な機能が楽天証券にはあるって言ってるけど、みんなやっぱりSBI証券を使ってるの!?

手数料はこの前楽天が値下がりしたから一緒だけど、でもドル転コスト考えたらSBIなんだよな。

ちょっと聞いてみたい・・ということで、ツイッターで初の投票をやってみることにしたのでした。

 

 

すると色々な方がリツイートしてくださり、なななんと、550名を超える方からご回答をいただくことができました!!

本当にTwitterの力ってすごいですよ。

米国株をやってる世界津々浦々の投資家の方が反応して下さったわけです。

 

感謝感激でございます!!

ご回答いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

結果の方は見たままですが以下のようになりました!

第1位:SBI証券(50%)

第2位:マネックス証券(19%)

第3位:その他(18%)

第4位:楽天証券(13%)

 

みなさん、やはり少々使いにくくても、コストやSBI証券が多様な商品を扱っているのを優先されているということがわかりました。

私がもう一つ持ってる楽天証券は最下位となりました。^^;

マネックス証券のことは使ってないのでよくわかりませんが、指値を長く設定できるのがメリットというのを見たことがあります。

 

本物の富裕層の方々は日本の証券会社を使ってない説が浮上!?

そんな中いくつかのコメントが・・・

な、なんだって…ベテラン投資家で富裕層の方々からコメントが続々・・!

しかしちょっと待って、専門用語的な言葉の意味が分からない・・・(汗)

 

f:id:nadiano:20171005150735j:plain

カタカタカタ・・・DRIPとは・・・ ・・・

 

「配当再投資」

 

f:id:nadiano:20171005150857j:plain

 

 な、なんだってー!!!!

 

配当再投資が無料だと…?!

 

 

 どうやら、Firsttade(ファーストトレード)証券と、インタラクティブ ブローカーズ証券という証券会社が日本でも開設できるそうです。

その中でもインタラクティブブローカーズ証券が、業界最安値とのこと。
www.interactivebrokers.co.jp

 

しかも、米国の証券会社なのに英語じゃない日本語に対応しているんです!

そんな証券会社があったなんて知らなかったです。

 

いや、CAFE MAGAZINEさんが前からTwitterで「日本語の証券会社は割高だ」と呟かれてたのは見てたんですよ。

でもスーパー富裕層だけの特権か、めちゃくちゃ難しいサイトなんやろうなぁと先入観を持ってしまってたんですね。

なのでビックリしました。 

 

ちょっと調べてみたのですが、

必要最低入金額が10,000USDなので110万円くらいは必要です。

取引をしていない月でも月間口座維持手数料が10ドルかかる。

手数料は1株あたり0.005ドル、最低1ドル〜

10ドル−その月の手数料支払金額

になります。

なのでその点注意が必要ですが、金額が大きくなればなるほど手数料の差が大きくなってくると思います。

長期で米国株運用していくならなおさら、その累計額は開いていくでしょう。

米国株メインで投資していて、毎月買い足していきたい人必見じゃないでしょうか!

 

手数料が安かったら、相場に合わせて買い増しもしやすいですし、どうせ月10ドル払わないといけないので、手数料をためらってチャンスを逃すっていうことが減りそうです。 

 

本当にコストにこだわるなら、米国の証券会社の口座開設するのは必須なんじゃないかと思って来ました。

 

今後色々な方のブログなんかを見させていただいて勉強しつつ、口座開設を前向きに検討したいと思います! 

 

Twitterで同じく米国株とソーシャルレンディングというレアな組み合わせで投資していらしゃる今村咲さんが、以前に書かれた記事を教えてくださいました!

1年ほど前に書かれた記事なので、気になられる証券会社があった方はHPの方で確認してみてくださいね。

今村咲さんは翻訳家としても活躍していらして、投資の知識も深く、そして生き方に関する考え方も素晴らしく私が尊敬している投資家さんの一人です。

とてもオススメの記事なので是非ご一読を!

www.saki-imamura.com

 

 

あとがき

この投票をやってみて、自分でブログやTwitterをやる意味を改めてすごく感じました。

自分から発信することで、世界中にいるすごい人たちが答えてくれたりする。

 

一方的に誰かが発信しているものを見るというのと、自分に向けて書いてもらったことって受け止め方が全然違うんですよね。

もっと調べてみよう!とか、情報がもっとリアルに自分のこととして入ってきます。

 

皆さまのおかげで少しずつ成長できる自分がいます!

いつもありがとうございます。

 

この証券会社口座開設のことは、またレポートしていきたいと思います!

 

それでは!

 

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします♬

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ